FC2ブログ
   
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲料水の作り方 (太陽光 編)


太陽放射の紫外線Aで川や湖の水のバクテリアを滅菌する方法
日光で水を浄化する方法

太陽からの太陽放射で、水から有害なバクテリアを取りのぞき、飲料に安全な水へと浄水できると言う方法を御教えします。
最近は、太陽の害についてばかりを聞いたり、あるいは読んだりしますが、太陽エネルギーがわれわれ人類にもたらす利点を利用するということも考えられるのです。  たとえば、太陽での電気パネル、お湯、オープンなどもそうですね!

そして、この水の浄化もそのような利点のひとつとなります。
湖や川の水を浄化して安全な飲料水とする方法を御教え致します。

水を十分に太陽光線にさらすことによって、太陽から発せられる UV-A (紫外線A、長波長紫外線、315-400ナノメートル)が、水中の有害な細菌、寄生虫、そして、ウイルスを死滅させます。

透明なペットボトルに水を一杯に入れて、太陽光に6時間あてておくだけで、安全な飲料水となるのです@@)

これによって、実に 99.999 パーセントの有害なバクテリアが滅菌される。

紫外線Aに6時間曝露されることによって死滅するバクテリアのリスト

・バクテリア – 大腸菌  ・バクテリア – コレラ菌 ・バクテリア – 赤痢菌
・バクテリア – サルモネラ菌  ・バクテリア – カンピロバクター菌
・バクテリア – エルシニア菌  ・ウイルス – ロタウイルス
・寄生虫 – ジアルジア
・寄生虫 – クリプトスポリジウム(10時間の露出が必要)


紫外線Aでの浄水の警告リスト

○この方法は細菌(生物)を殺すものであり、化学物質を消すことは出来ませ  
ん。 なので、化学物質に汚染された水は使えません。
○水は透き通っていることが必要。日光にさらす前に水を布などで濾過し、  できる限り透明にする。
○ペットボトルの大きさは容量3リットル以下のものが望ましい。
紫外線Aは濁った水の中では、10ミリの深さで50パーセントの効果を失います。

日光で浄水する方法

使用するボトルは、清涼飲料水に等に使われているペットボトルが望ましいです。色のついたボトルはダメで、透明なプラスチックボトルが必要です。
ガラスのビンでもいけない。
当然だが、ボトルはよく洗ってきれいにしておく事が絶対条件です!

  ボトルを水で満たす。
  水が濁っている場合は、ボトルに入れる前に、布などで濾過して、できるだ   
け透明にします。

 ボトルを日なたに横にして置く。立てて置かない様にします。
 できれば、太陽からの光線が直接あたり、また、ちょうど反射する角度で置く     
のが望ましいです。

完全な晴天でなくとも、少し曇っている程度なら、6時間の日光露出で十分です。 便利なのは気温の変動に左右されない、要するに気温は関係ないという事です。
屋外の気温が高くとも、6時間は必要だということに留意して欲しいです。

手順はこれだけで、これで滅菌された安全な飲料水を手に入れられます@^^@

ちなみに、このテーマに関するさらに詳細な優れた情報のソースが、スイス 連邦・海洋科学テクノロジー研究所にあるそうです^^@

上記記事の警告リストにもありますが、水の中の細菌やウイルスを殺す方法で、有害な化学物質を浄化することはできないので、都会などの川や湖の水には適さないと思われます。田舎の川や湖、あるいは雨水などでしたら使えるのだと思われます。

今回の様に放射性物質には適合しないです( T T;)

もしも・・・・非常事態の時にのみ、知識として蓄えて置いて下さい。
使用する際は悪までも自己責任で御願いしますネ@^^@
スポンサーサイト

飲料水の作り方 ( 煮沸時間&塩素消毒 )

キッチンハイターで飲料水を作る方法。

市販されている漂白剤を使った方法です。
以外な感じでしたが、 非常時には、赤十字社も推奨している方法です。
もちろん、これは非常時だけの話ですが、非常事態が起これば、電力シャットダウンの懸念は強いです。
(巨大な太陽フレア、スタクスネット、大地震、大津波)。
日本のような都市は停電に大変弱く、上下水道も含めて、電気がなくなると、インフラはほとんど停止しちゃいます。

私たちは、水なしで生きることはできないし、もっとも必要な物です。
長い期間の話でなく、ほんの2、3日の間でも水は必ず必要です。         
何らかの理由で、非常事態になったり、あるいは災害などを経験する中では、実は水を獲得することは大きな問題になります。
自然の水が大量にある環境に住んでいるなら、あまり問題にならなりませんが、飲料水を水道の蛇口からの供給のみに頼っている現状に慣れた生活をされてる方には智慧として知っておいて悪くない方法だと思います。
非常事態や災害に対する水の必要量の基本概念は1人1日2~4リットル程度です。
飲料水の他にも様々に水は必要となるので、必要量はさらに多くなること考えられます。
水道から供給される水以外から安全な飲料水を作る方法でもっともいいのは、まず沸騰することです。

水から微生物を取りのぞくためには長く沸騰する必要はないです。
米国野生医学学会によれば、70度以上の水なら60分以内にすべての病原菌が死滅し、85度以上なら数分で死滅するそうです。
(85度以上なら悪戯に何十分も煮沸消毒をしなくて良いですョ@^^@)

ただ、その非常事態や災害時に、沸騰させることができない場合も考えられますし、沸騰して冷却した後にさらに予防措置を講じる場合には、家庭用の漂白剤を特定の量加えるという方法があります。
漂白剤はおよそ 5~6パーセントの塩素を含み、正常な量を加えれば、水は消毒されます。
水が濁っている場合は、消毒の前に布などで濾過する必要があります。

漂白剤で水を浄化する方法。  以下はアメリカ赤十字社参考資料です。

○どんなブランドのものでもいいので、標準の漂白剤を使う。
活性成分が次亜塩素酸ナトリウムでなければならない。
成分リストに水酸化ナトリウムがあるなら、それは明らかに安全だ。
石けんや香料、染料を含む漂白剤は使ってはいけない。かならずラベルを読むようにしてほしい。
                                                
○1ガロン( 3.8リットル)の水に液体漂白剤を16滴(小さじ4分の1)を加える。2リットルのペットボトルを使う場合は、8滴(小さじ8分の1)に減らす。

○ よく混ぜて、30分置いておく。

○それから、水の匂いを嗅いでみる。かすかな塩素の匂いがあるなら、使用   
はOK。まったく塩素の匂いがしない場合、液体漂白剤をさらに16滴を  (2リットルの場合は8滴)加える。そして、もう一度匂いを嗅いでみる。   
○それでも塩素の匂いがしない場合は、この水の使用はやめて、捨てる。  そして、新たな水源を見つける必要がある。

なお、漂白剤の貯蔵期限を見る人は少ないだろうが、漂白剤は1年以内に効果のおよそ半分を失う。なので、購入の際には製造年月日を見たほうが良い。古い漂白剤の場合、投与量を二倍にする必要がある。


以上です。
今回の記事の量の指標としたアメリカ赤十字社が指導している使用量は、他のいくつかの情報に比べると多く感じるかもしれませんが、安全面と効果の点ではこれで間違いないと考えられます。

漂白剤の効果成分は「次亜塩素酸ナトリウム」というもので、安全等に懸念を感じる方はその成分名などで検索されるのもいいかと思います。  
日本では、「キッチンハイター」などがここで紹介されているものに該当します。


悪までも非常事態の時に用いる方法です。
自己責任で御願いしますネ^^;


次回は太陽光で消毒する一番手軽な方法を紹介しますネ@^^@

飲料水の作り方 ( イソジン 編 )


イソジンうがい液で飲料水を作る方法を紹介します。

まずお断りしますが、私自身この方法を試した事も無く、色々な文献で紹介された方法を御教えするだけですから、この方法をやってみて健康を害した・・・・etc 一切の責任は負えませんので御理解下さい。


ある程度透明な水を確保します。
 
      ↓

1リットルに 10~12滴 投入
(透明度の低い水には20~26滴 投入)

      ↓

シェイクして30放置する。

      ↓

水面上の不純物を除去します。

      ↓
 
水の臭いをかいで、イソジンの臭いがすれば飲料可能。
水の臭いをかいで、イソジンの臭いがしなければ飲料不可。


緊急時、飲料水の作り方です。

次回は キッチンはイター を使う飲料水の作り方です@^^@

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。